【ツール・ド・フランス 2019 第21ステージ / レースレポート】コロンビア人選手による史上初の総合優勝。エガン・ベルナル「今日は僕が世界で一番幸福な人間」

分享在 facebook
分享在 google
分享在 twitter
分享在 linkedin

不可侵の栄光と不滅の歓喜、痛みの畝に、正しき芽が伸びる——。こう謳い上げる国歌を、パリのシャンゼリゼ大通りに詰めかけた無数のファンが、幾度も幾度も連呼した。絶叫の先には、エガン・ベルナルがいた。2019年7月28日、ツール・ド・フランス第106回大会は、コロンビア人選手による史上初の総合優勝で幕を閉じた。100年目のマイヨ・ジョーヌが、初めて南米大陸へと渡った。

あんなに暑かった数日間がまるで嘘のように、7月最後の日曜日、肌寒い空気がパリを包み込んでいた。3週間前にブリュッセルから走り出した176人のプロトンは、4つの山岳地帯を越え、標高2000m超級の山々をよじ登っていくうちに、155人にまで数を減らしていた。フランスの首都到着の24時間前、アルプスはヴァル・トランスの山頂で、マイヨ・ジョーヌを含む全ての総合争いはすでに決着がついていた。

J SPORTS放送情報

グランツール最終戦 8月24日(土)開幕!

#jspocycle NEWS~

栗村修と安田大サーカス団長安田が自転車の街を紹介

ペーター・サガンは大会史上初めて7枚目のポイント賞マイヨ・ヴェールを持ち帰り、ロメン・バルデが3年連続のフランス人山岳マイヨ・ア・ポワをもたらし、総合トップ10に3選手を送り込んだモビスターが2年連続でチーム総合首位を祝った。大会の3分の1、つまり14日間に渡ってフランスに黄色い夢を見せたジュリアン・アラフィリップも、スーパー敢闘賞としてシャンゼリゼの表彰台に乗ることを許された。もちろん第一次世界大戦以降では最も若いツール・ド・フランス総合王者であり、つまり史上で最も若い22歳の「マイヨ・ジョーヌ」が戴冠式に臨む前に……恒例の華やかなスプリント合戦が繰り広げられた!

都会の石畳路を4選手が逃げ、スプリンターチームは大会最後の列車を組み上げた。最終周回のコンコルド広場ではドゥクーニンク・クイックステップが最前列を確保し、最終ストレートに入るとエドヴァルド・ボアッソンハーゲンが不意打ちのロングスプリント。激しいスピード合戦の中で、道路左からディラン・フルーネウェーヘンが競り上がり、反対側の右ではカレブ・ユアンが急速に追い上げハンドルを投げた。