【インターハイ男子プレビュー】福岡第一が大本命。2番手以降は実力拮抗

分享在 facebook
分享在 google
分享在 twitter
分享在 linkedin

インターハイ予選や九州大会だけでなく、各種招待試合の戦いぶりからすると、福岡第一の強さが際立っている。昨年のウィンターカップ優勝時のスターターである河村勇輝と小川麻斗のガード陣、センターのクベマジョセフ・スティーブが健在だ。

傑出したクイックネスと視野の広さを武器にした河村のゲームメイクは、観ている者を魅了する。トランジションゲームに持ち込まれてしまうと、対戦相手は止める術がない。先発に定着した神田壮一郎と内尾聡理を含めた5人の連動性が素晴らしく、たとえハーフコートの展開になったとしても、スティーブのインサイドを起点にできるのが強み。福岡第一にとって最初の山場は、近畿大会を制した東山との準々決勝になるだろう。福岡第一の井手口孝コーチとは大学の同級生で、長年の大親友である開志国際の富樫英樹コーチは、はっきり「強いですね」と口にする。

福岡第一を追いかける勢力としては北信越を制した前年王者の開志国際、東海大会を制した桜丘、将来が楽しみな1年生が即戦力となっている明成あたりか。

開志国際は新人戦で敗れた東海大付諏訪に雪辱し、北信越の頂点に立った。昨年の優勝経験者でシュート力が武器のジョーンズ大翔、インサイドで存在感を示せるジョフ・ユセフがチームの中心。5月には能代カップを制するなど、上位進出の可能性が高いチーム。ポイントガードの高木巧海はジョーンズとユセフを生かすゲームメイクに加え、オープンの3Pシュートを決めるかで、カギを握る存在になるだろう。「準決勝で(福岡第一と)対戦できるように準備します」と、虎視眈々と2年連続の頂点を狙っている。

J SPORTS 番組情報

桜丘は富永啓生という絶対的なエースが卒業したものの、昨年のチームで試合に出ていた村口宗羅キャプテンを軸に、ディフェンス力のいいチームでインターハイに臨む。東海大会決勝で中部大第一に逆転勝ちしたことにより、大きな自信を手にしたのは確か。ラポラス・ベンツロバスはゴール下、セン・マム・リバスはドライブで仕掛けられるなど、タイプの違う留学生を状況によっての使い分けが機能すると、強い桜丘が見られるかもしれない。

明成は1年生の山崎一渉と菅野ブルースが注目を浴びているが、昨年1年生ながらベスト4進出に貢献した越田大翔、浅原紳介、加藤陸ら、190cm以上で非凡な能力を持つ選手が数多く揃う。キャプテンの木村拓郎がチームを牽引する中、下級生中心で東北大会を制覇したことや今後さらなる成長が期待できる点からすれば、福岡第一に続く2番手となる可能性は十分にある。

大会初日から好カードが多いことも、福岡第一を追う勢力の実力が拮抗している証。尽誠学園対桐光学園、北陸対市立船橋、北陸学院対成立学園、中部大第一対大阪桐蔭は、1回戦だと勿体ないと思えるマッチアップだ。2回戦からは桜丘対報徳学園、北陸と市立船橋の勝者対東海大付諏訪、北陸学院と成立学園の勝者対地元代表の川内、豊浦と法政大二の勝者対能代工は、見所いっぱいの試合になるという気がしている…。

文:青木 崇

J SPORTS 番組情報

インターハイ予選や九州大会だけでなく、各種招待試合の戦いぶりからすると、福岡第一の強さが際立っている。昨年のウィンターカップ優勝時のスターターである河村勇輝と小川麻斗のガード陣、センターのクベマジョセフ・スティーブが健在だ。

傑出したクイックネスと視野の広さを武器にした河村のゲームメイクは、観ている者を魅了する。トランジションゲームに持ち込まれてしまうと、対戦相手は止める術がない。先発に定着した神田壮一郎と内尾聡理を含めた5人の連動性が素晴らしく、たとえハーフコートの展開になったとしても、スティーブのインサイドを起点にできるのが強み。福岡第一にとって最初の山場は、近畿大会を制した東山との準々決勝になるだろう。福岡第一の井手口孝コーチとは大学の同級生で、長年の大親友である開志国際の富樫英樹コーチは、はっきり「強いですね」と口にする。

福岡第一を追いかける勢力としては北信越を制した前年王者の開志国際、東海大会を制した桜丘、将来が楽しみな1年生が即戦力となっている明成あたりか。

開志国際は新人戦で敗れた東海大付諏訪に雪辱し、北信越の頂点に立った。昨年の優勝経験者でシュート力が武器のジョーンズ大翔、インサイドで存在感を示せるジョフ・ユセフがチームの中心。5月には能代カップを制するなど、上位進出の可能性が高いチーム。ポイントガードの高木巧海はジョーンズとユセフを生かすゲームメイクに加え、オープンの3Pシュートを決めるかで、カギを握る存在になるだろう。「準決勝で(福岡第一と)対戦できるように準備します」と、虎視眈々と2年連続の頂点を狙っている。

J SPORTS 番組情報

桜丘は富永啓生という絶対的なエースが卒業したものの、昨年のチームで試合に出ていた村口宗羅キャプテンを軸に、ディフェンス力のいいチームでインターハイに臨む。東海大会決勝で中部大第一に逆転勝ちしたことにより、大きな自信を手にしたのは確か。ラポラス・ベンツロバスはゴール下、セン・マム・リバスはドライブで仕掛けられるなど、タイプの違う留学生を状況によっての使い分けが機能すると、強い桜丘が見られるかもしれない。

明成は1年生の山崎一渉と菅野ブルースが注目を浴びているが、昨年1年生ながらベスト4進出に貢献した越田大翔、浅原紳介、加藤陸ら、190cm以上で非凡な能力を持つ選手が数多く揃う。キャプテンの木村拓郎がチームを牽引する中、下級生中心で東北大会を制覇したことや今後さらなる成長が期待できる点からすれば、福岡第一に続く2番手となる可能性は十分にある。

大会初日から好カードが多いことも、福岡第一を追う勢力の実力が拮抗している証。尽誠学園対桐光学園、北陸対市立船橋、北陸学院対成立学園、中部大第一対大阪桐蔭は、1回戦だと勿体ないと思えるマッチアップだ。2回戦からは桜丘対報徳学園、北陸と市立船橋の勝者対東海大付諏訪、北陸学院と成立学園の勝者対地元代表の川内、豊浦と法政大二の勝者対能代工は、見所いっぱいの試合になるという気がしている…。

文:青木 崇

J SPORTS 番組情報