【クリテリウム・ドゥ・ドーフィネ / プレビュー】豪華なメンバーが集結!真夏の黄色いジャージ争奪戦の行方を占う「ツール前哨戦」開幕

サイクリング

単なる「ツール前哨戦」と呼ぶのがもったいないほど、とてつもなくゴージャスなメンバーがスタートラインに並ぶ。だからこそ「ツール前哨戦」なのだと言われれば、まさしく真実だ。過去7大会中5回、クリテリウム・ドゥ・ドーフィネの総合覇者が、その夏のツール・ド・フランスの頂点へと君臨した。2019年大会も、間違いなく、7月の行方を占う鍵となる。

なにしろ同大会に顔を見せないのは、1周間前に終わったばかりのジロを最終週まで戦った面々と、スイス行きを選んだトーマスだけ。つまりツール総合4勝フルームを筆頭に、キンタナ、バルデ、ピノー、A・イェーツ、ポート、マーティン、フグルサング、クライスヴァイクetc.と、来たるツール・ド・フランスの総合台表彰台候補がこぞってドーフィネに詰めかける。落車のせいでジロ5日目に帰宅したデュムランも復帰戦にこの場を選んだし、バルギル&アラフィリップという過去2年のツール山岳賞もやってくる!

J SPORTSオンデマンド情報

配信期間 : 2019年6月9日午後8:35 ~ 2019年6月9日午後11:30

配信期間 : 2019年6月10日午後10:05 ~ 2019年6月10日深夜1:15

そもそも伝統的に、ひたすら山だらけのレースと相場が決まっている。ピュアスプリンターの居場所などない。なにしろ初日第1ステージの、スタートから34km地点で、いきなりプロトンは1級峠をよじ登らねばならない!「カンタル県のピラミッド」と呼ばれるピュイ・マリーの、登坂距離10.6km、平均勾配6.1%の山道で、いきなり熾烈な総合争いが勃発する可能性もあるのだろうか。

初日ステージはその先にも4つの中級峠が待ち受けるし、翌日の第2ステージは、中央山塊独特の細かい起伏が次から次へと襲いかかる。ちなみに2日目のコース途中では、今ツール第4ステージのフィニッシュ地……つまりバルデの生まれ故郷を通過する。

タイトルとURLをコピーしました