【ツール・ド・フランス 2019 第14ステージ / レースレポート】ティボー・ピノ「僕にとってツールは今から始まったんだ」

サイクリング

トゥルマレの破壊力はすさまじかった。その高い標高と長い山道とが、並み居る2019年ツール総合候補者たちを次々と振り落とした。最後まで戦いに居残ったのは、ほんの一握りほどの山男たち。フィニッシュではティボー・ピノが、区間勝者としてフランス共和国大統領の祝福を受けた。そして黄色く輝くジャージをまとうジュリアン・アラフィリップは、総合首位として立派に務めを果たした。「目標はただイエローを守ることだけだった」と語る稀代のパンチャーは、わずか6人にまで小さくなった先頭集団でフィニッシュしたどころか..山頂へ向けた猛ダッシュで区間2位のボーナスタイムさえ懐に収めた!

アラフィリップが総合2位以下とのタイム差を新たに36秒広げるその前に、緑と赤玉もまた、2位以下との差を開きにかかった。2015年マイヨ・ジョーヌのヴィンチェンツォ・ニバリのファーストアタックにすかさず飛び乗ったのが、第3ステージ終了後からポイント賞ジャージをまとうペーター・サガンだった。最終的に出来上がった17人の逃げには、同じく3日目から山岳賞首位を守り続けているティム・ウェレンスも滑り込んだ。

Cycle*2019 ツール・ド・フランス 第15ステージ

放送日:2019年7月21日(日) 放送時間:午後 8時 55分~深夜 1時 45分

後者は1級スロールで首尾よく先頭通過を果たし10ptを追加。2位以下との山岳ポイント差を17pt→22ptへとわずかながら増やした。一方のサガンはまずは前方へと突き進み、1級峠で先頭集団からゆっくりと脱落しつつ..山の向こうの中間スプリントをメイン集団内で迎えた。当然ながらライバルスプリンターたちは、とっくの昔に全員まとめて後方へと吹っ飛ばされた後。争わずして集団内1位通過=9位通過で7ptを収集し、ポイント賞2位以下に93pt差を押し付けた。

このスロール峠では、モビスターが猛烈な牽引作業に従事した。チーム一丸となって厳しいテンポを刻み、メイン集団を急速に小さく絞り込んでいく。たまらずロメン・バルデも千切れた。第13ステージ終了の段階ですでに5分46秒もの遅れを喫していたが、この日だけで最終的に20分以上も失った。

チームメイトたちの献身にも関わらず、モビスターのエースナンバーをつけるナイロ・キンタナもまた、トゥルマレの上りで遅れることになる。19kmの長い山道で3分24秒を失い、総合では首位アラフィリップから7分29秒差に陥落。幸いにもミケル・ランダが14秒差の区間6位に入り、バルデ以外にもアダム・イェーツやダニエル・マーティンをはるか後方に押しのけることにも成功し、つまりモビスターの作戦は完全に失敗に終わったわけではない。ただジロ→ツール転戦のバスク人も、第10ステージの「もらい落車」の影響で、総合ではすでに6分以上も遅れている。

117.5kmと極めて短いステージも、いよいよ最終峠トゥルマレの山道に入ると、イネオスが主導権を握る。精密な山岳列車は逃げの生き残りを飲み込みつつ、淡々とライバルたちの脚を削っていった。まさしく過去何年にも渡って繰り返してきたように。ただし、この先は、過去数年とは少々違う展開が待っていた。

タイトルとURLをコピーしました