【ツール・ド・フランス 2019 第15ステージ / レースレポート】興奮とサスペンスに満ちたマイヨ・ジョーヌ争奪戦、黄色ジャージ死守のアラフィリップ「次にこのマイヨ・ジョーヌを着るのはピノであって欲しい」

サイクリング

100年目のマイヨ・ジョーヌ争奪戦は、興奮とサスペンスに満ちている。近年フランス一周で圧政を敷いてきた元スカイの精鋭部隊を押しのけて、ライバルチームたちがイニシアチヴを獲り、地元フランス人選手たちは、1985年以来となるフランス人マイヨ・ジョーヌの期待をかきたてる。ティボー・ピノとミケル・ランダは攻撃的な走りで2日連続でタイム差を縮め、総合表彰台争いは大混戦。そして死に物狂いでジャージを守りに行ったジュリアン・アラフィリップは、望み通り、2度目の休息日もマイヨ・ジョーヌで過ごす。

大会2週目の最終日は、いつにも増して激しい飛び出し合戦で始まった。時速47kmを超える追いかけっこの果てに、ようやく50km地点を過ぎて大きな一団が遠ざかって行った。最終的に36人の巨大なエスケープが出来上がったのは、実に75kmも走った先だった。

ヴィンチェンツォ・ニバリにサイモン・イェーツ、ナイロ・キンタナ、ロメン・バルデ、ダニエル・マーティンという本来ならグランツールの総合表彰台を争うような選手が、揃って前方へと滑り込んだ。一方ではいわゆる「前待ち」組も多かった。ピノ擁するグルパマ・FDJは2人、ヤコブ・フグルサングのアスタナは3人、そして前夜にエースのキンタナが「今後はミケル・ランダのアシストにまわる」と宣言したモビスターは、そのキンタナを含む3人!

Cycle*2019 ツール・ド・フランス 第16ステージ

放送日:2019年7月23日(火) 放送時間:午後 8時 55分~深夜 1時 45分

ビッグネームたちの中で、真の実力を思う存分発揮したのはサイモンだった。5月にジロ獲りを失敗した英国人は、そもそもフランスには双子のアダムの総合争いを助けるためにやってきた。だからこそ大会序盤にあっさり大量のタイムを失った。アダムがいまだ総合1分47秒遅れだった頃(今区間終了後は33分18秒遅れ)、総合争いに大きな動きが見られないだろう第12ステージでは、大逃げの果てにツールで初めての区間勝利も手に入れた。しかし翌日からアダムが大きく失速すると、2018年ブエルタ覇者には新たな使命が課された。「チームは目標を切り替えたんだ。それこそが、もうひとつの区間勝利を手に入れること」。

まずサイモンは大きすぎる逃げ集団を、1級ポール・ド・レールの上りで、自らアタックして小さく絞り込んだ。もう1人のSimon、すなわちシモン・ゲシェケが飛び出すと、続く1級のミュール・ド・ペゲールの激坂で単独追いついた。106回目のツールで史上初めてプロトンに門戸を開いた1級プラ・ダルビスの麓には、後方の追走集団に1分半差の余裕をもって挑みかかった。

そして残り約9km、サイモンはわずか1度の加速でライバルを引き離した。ひとり栄光へと飛び立った。「誇らしくもあり、クレイジーでもあるよね!」と本人は語り、フィニッシュラインでいつもなら右手で3度胸を打つところを、この日は両手で3度、自慢気に両胸を叩いた。なにしろツール区間初優勝からわずか3日後の再勝利だ。欧州議会により自然保護区に指定され、ヘリコプターによる空撮も大音量のレースアナウンスもない……いつもよりちょっと静かな山頂が、オージーの快挙で大騒ぎになった。

タイトルとURLをコピーしました