【ツール・ド・フランス 2019 第5ステージ / レースレポート千両役者ペーター・サガンが待望の1冠「やっと勝てた」

サイクリング

「やっと勝てた」。フィニッシュ直後にペーター・サガンは、ほっとしたように吐き出した。今年の2月に「ほんの数日間で体重が何キロも落ちた」あと、思うような走りができずに苦しんできた。2019年ツールは初日から2位、(TTT12位)、5位、4位と好成績を連発しながらも、あと一歩が足りなかった。ようやく待望の勝利を手に入れた。大会3日目からすでに我がものとしているマイヨ・ヴェールも、堂々と着こなすことができる。

第6ステージ 放送情報

放送日:2019年7月11日(木) 放送時間:午後 8時 55分~深夜 2時 00分

「ボーラ・ハンスグローエとサンウェブがレース制御してくれたし、小さな逃げ集団には総合を脅かす選手が1人もいなかったから、僕にとってもチームにとっても比較的簡単な1日だった」。やはり大会3日目からマイヨ・ジョーヌを着ているジュリアン・アラフィリップがこう語ったように、「上りもこなせるスプリンター」「いまだ今ツール0勝」「マイヨ・ヴェール経験者」のサガンとマイケル・マシューズを擁する両チームが、ステージ序盤から献身的に働いた。激しい飛び出し合戦の末に20km地点で4選手が飛び出したが、スプリント勝利に持ち込みたい2チームが、決して2分半以上のリードを与えなかった。

「本当は区間勝利を目指して逃げたんだけど」と告白したティム・ウェレンスは、すぐに山岳ポイント収集に切り替えた。後半に4つ待ち構えていた山岳のうち、最初の2つで先頭通過。上記2人と同じように3日目に手にした赤玉ジャージを、さらにしっかりと着込んだ。

タイトルとURLをコピーしました