【ツール・ド・フランス 2019 第7ステージ / レースレポート】フルーネウェーヘンがリベンジを果たす「加速をすると決めて、そこから先は一切、他選手の動きは見なかった」

サイクリング

蒸し暑い午後だった。2019年大会最長の230kmステージで、選手たちは6時間以上もサドルの上で過ごした。幸いにもマイヨ・ジョーヌのジュリオ・チッコーネが「200kmはのんびり、ラスト30kmだけがナーバス」と語ったように、大多数にとってはそれほど難解な1日ではなかった。勝負は大集団スプリントフィニッシュに持ち込まれ、ディラン・フルーネウェーヘンが待望の今大会1勝目を手に入れた。

スタート直後にヨハン・オフレドとステファヌ・ロセットが飛び出した。いわゆる「平坦」の「誰も逃げたがらない」ステージであえて仕掛けることを信条とするオフレドと、「こんな昔風の自転車レースが好きなんだ」と語ったロセットは、そこから215kmにも渡って最前線で過ごすことになる。仲の良い2人は時に励ましながら、時に冗談を飛ばしあいながら、時には「30分ものリードを許されて逃げ切ることを夢見たり」しながら、ペダルを回し続けた。

Cycle*2019 ツール・ド・フランス 第8ステージ

放送日:2019年7月13日(土) 放送時間:午後 8時 55分~深夜 1時 45分

しかしスプリンターを擁するドゥクーニンク・クイックステップ、ユンボ・ヴィスマ、ロット・スーダルが、2人を決して遠くには逃がさなかった。最大5分半のリードしか許さず、大半の時間帯は2分程度で泳がせておいた。そしてフィニッシュまで残り13km、満を持してロセットとオフレドは大きな波に飲み込まれていった。

数人の選手にとっては、決して簡単な1日ではなかった。走り出してすぐに、今大会マイヨ・ジョーヌ第1号マイク・テウニッセンとティージェイ・ヴァンガーデレンが、中央分離帯に邪魔され落車。特に後者は顔面と左膝からおびただしい流血が見られた。また終盤に向けて徐々に走行スピードが上がると、残り30km、横風で軽い分断も発生。一時は総合表彰台候補のナイロ・キンタナが後方に取り残される一幕も。

タイトルとURLをコピーしました