【ツール・ド・フランス2019 第10ステージ結果速報】逃げもスプリントも可能性のあるコースで総合勢がシャッフル!初出場のヴァンアールトが区間優勝!!

サイクリング

写真:ツール初出場のウァウト・ヴァンアールトが集団スプリントを制す

サン・フルールからアルビまでの217.5kmは「1mたりとも平地が存在しない」と恐ろしい評判のある中央山塊最終日。トニー・ガロパン(アージェードゥゼール ラ モンディアル)やミヒャエル・シェアー(シーシーシーチーム)を含む6選手の逃げグループが形成されるも、メイン集団は最大3分5秒のタイム差しか与えず大逃げを許さない構え。

ナトナエル・ベルハネ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)が4つ全ての山岳ポイントを先頭通過し7ポイント加算、この日の敢闘賞を獲得した。中間スプリントポイントは、オッドクリスティアン・エイキング(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム)が、集団はソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ)、ペーター・サガン、ダニエル・オス(共にボーラ・ハンスグローエ)の順番で通過。

残り距離73km、チーム イネオスとボーラ・ハンスグローエが風が吹きさらす地形を利用してペースアップ、プロトンは縦一列棒状になり先頭グループまで25秒まで迫ったが、3級山岳でまたタイム差は広がった。速いペースで緊張状態が続く中、ラスト38kmを切ったところでEFエデュケーションファーストがペースアップを仕掛けるとドゥクーニンク・クイックステップやチーム イネオスオスも参戦、メイン集団は3つに分断された。その3つ目の集団に総合4位につけるジョージ・ベネット(チーム ユンボ・ヴィスマ)が取り残され、9分41秒失い総合争いから脱落。

イネオスやモヴィスター チームが牽引するマイヨジョーヌグループがラスト25kmで先頭グループを吸収し、第2集団ではティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)が自ら牽引して合流を目指したが、リッチー・ポート、バウケ・モレマ(共にトレック・セガフレード)、リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト)、ヤコブ・フグルサング、アレクシー・ルツェンコ(共にアスタナ プロチーム)らと共に1分40秒総合タイムを失った。

エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ)、サガン、マイケル・マシューズ(チームサンウェブ)、カレブ・ユアン(ロット・スーダル)、コロブレッリらが揃っているマイヨジョーヌグループがフラムルージュをくぐり、サンウェブトレインでお膳立てされると最初にマッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット)がロングスパートを開始、ほぼ同時にウァウト・ヴァンアールト(チーム ユンボ・ヴィスマ)も加速すると一気にに先頭へ躍り出る、ヴィヴィアーニが並びかけるも僅差で区間優勝を果たした。

同タイムでフィニッシュしたゲラント・トーマスやエガン・ベルナル(共にチーム イネオス)が総合2位、3位へ浮上、ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ)は4位と、総合順位が大きく変動した。

「ツール・ド・フランスのステージ優勝だなんてとても信じられない。クライスヴァイクと共に先頭集団に留まれていたのは幸運だった。最後はとても緊張した、ラスト250mで行った、ヴィヴィアーニに1cm差をつけることができたのでとても嬉しい」(ヴァンアールト、勝利後インタビュー)

第10ステージ結果 1 ウァウト・ヴァンアールト(チーム ユンボ・ヴィスマ/ベルギー)in 04h 49′ 39” 2 エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ/イタリア)- 3 カレブ・ユアン(ロット・スーダル/オーストラリア)- 4 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)- 5 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)- 6 ジャスパー・フィリプセン(UAEチームエミレーツ/ベルギー)- 7 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)- 8 マッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット/イタリア)- 9 オリバー・ナーセン(アージェードゥゼール ラ モンディアル/ベルギー)- 10 グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(シーシーシーチーム /ベルギー)- ・・・ 11 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)- 12 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)- 14 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)- 18 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)- 19 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)- 20 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)- 21 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)- 23 アダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット/イギリス)- 25 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)- 27 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)- 44 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+ 00h 01′ 40” 45 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 01′ 40” 48 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 01′ 40” 49 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 01′ 40” 50 アレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム/カザフスタン)+ 00h 01′ 40” 51 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)+ 00h 01′ 40” 55 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 02′ 09” 57 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)+ 00h 02′ 09” 132 ジョージ・ベネット(チーム ユンボ・ヴィスマ/ニュージーランド)+ 00h 09′ 41”

個人総合順位 1 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)in 43h 27′ 15” 2 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 01′ 12” 3 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 01′ 16” 4 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)+ 00h 01′ 27” 5 エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)+ 00h 01′ 45” 6 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)+ 00h 01′ 46” 7 アダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット/イギリス)+ 00h 01′ 47” 8 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)+ 00h 02′ 04” 9 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)+ 00h 02′ 09” 10 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)+ 00h 02′ 32” ・・・ 11 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 02′ 33” 12 パトリック・コンラッド(ボーラ・ハンスグローエ/オーストリア)+ 00h 02′ 46” 13 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 03′ 18” 14 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 03′ 18” 15 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 03′ 20” 16 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)+ 00h 03′ 22” 20 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 03′ 59” 21 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 04′ 15” 22 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+ 00h 04′ 25” 27 ジョージ・ベネット(チーム ユンボ・ヴィスマ/ニュージーランド)+ 00h 11′ 01”

ポイント賞 1 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)229 pts 2 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)167 pts 3 エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ/イタリア)153 pts

山岳賞 1 ティム・ウェレンス(ロット・スーダル/ベルギー)43 pts 2 トーマス・デヘント(ロット・スーダル/ベルギー)37 pts 3 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)30 pts

新人賞 1 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)in 43h 28′ 31” 2 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)+ 00h 00′ 30” 3 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)+ 00h 01′ 16”

チーム総合順位 1 モヴィスター チーム(スペイン)in 130h 45′ 20” 2 トレック・セガフレード(アメリカ)+ 00h 01′ 30” 3 ボーラ・ハンスグローエ(ドイツ)+ 00h 14′ 59”

敢闘賞 152 ナトナエル・ベルハネ(コフィディス、ソリュシオンクレディ/エリトリア)

第10ステージのリタイア なし

タイトルとURLをコピーしました