【ツール・ド・フランス2019 第15ステージ結果速報】ラスト39kmで抜け出したサイモン・イェーツが区間優勝!アラフィリップは27秒タイムを落とす

サイクリング

写真:ラスト8.8km独走し区間2勝目を挙げたサイモン・イェーツ

休息日前のピレネー3戦目はリムーを出発し2級山岳1つ、1級山岳3つを登る185kmの山岳ステージ。アクチュアルスタートが切られると激しいアタック合戦が繰り広げられ、最初にできた逃げグループは9km進んだところでメイン集団に吸収、その後飛び出した20人も吸収され、2級コル・ド・モンセギュールの登りを利用したアタックで28人の逃げグループが形成。山頂をマイケル・ウッズ(EFエデュケーションファースト)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)、ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル)の順で通過、中間スプリントポイントは逃げに乗っていたマイケル・マシューズ(チームサンウェブ)が20ポイントを加算した。

1級ポール・ド・レールではサイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)がペースを作り5人の先頭グループで山頂を目指す、メイン集団は4分後方でドゥクーニンク・クイックステップが牽引するも早々にエンリク・マスが遅れてしまった。25人に膨らんだ先頭グループではバルデが山頂を先頭通過し16kmの長いダウンヒルをやり過ごした。

登坂距離9.3kmの1級ミュール・ド・ペギュエールでシモン・ゲシェケ(シーシーシーチーム)が単独で抜け出すことに成功、メイン集団では激坂区間でミケル・ランダが先行するナイロ・キンタナ(共にモヴィスター チーム)のグループへの合流を目指し、ディラン・ファンバーレ、ジャンニ・モスコン、ミカル・クヴィアトコウスキー(チーム イネオス)がついていけなくなった。残り距離39km地点でゲシェケを追う第2グループからイェーツがアタック、ゲシェケが山頂を通過した直後に追いつき、ランダはマルク・ソレル、アンドレイ・アマドール(共にモヴィスター チーム)の助けを借りて25kmの霧で煙る下りを滑り降りる。

イェーツとゲシェケの2人は追走グループに対し1分半のアドバンテージを持って1級フォア・プラットダルビへ突入。ランダがキンタナのいる追走グループに合流、残り距離8.8km、イェーツがキレのあるアタックでゲシェケを置き去りにした。ランダは追走グループのペースアップをはかりバルデ、アレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム)、レナード・ケムナ(チームサンウェブ)以外はついていけなくなった。メイン集団ではジョージ・ベネット(チーム ユンボ・ヴィスマ)がハイペースを刻む。

ランダのペースにルツェンコ、バルデは脱落、先行していたゲシェケを追い抜いた。メイン集団ではダヴィ・ゴデュが先頭までのタイム差を2分まで縮め、残り距離6kmでティボー・ピノ(共にグルパマ・エフデジ)攻撃を仕掛けゲラント・トーマス(チーム イネオス)が遅れ、マイヨ・ジョーヌ着用のジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)もついていけなくなった。ピノがさらにペースをあげるとエガン・ベルナル(チーム イネオス)も置き去りにされた。

トーマスのグループがアラフィリップに合流し、ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ)とトーマスのアタックでアラフィリップは取り残された。イェーツは単独でそのまま山頂フィニッシュ、今大会2勝目を挙げた。ピノはランダに追いつき2位フィニッシュ、ランダがその後に続いた。トーマスは1分22秒遅れ、アラフィリップは1分49秒遅れでフィニッシュ、27秒タイム差を詰められた。

「区間2勝目をとても誇りに思う、このステージは最初から最後まで全力だった。山岳賞は狙ってなくてチームのアシストに専念する」(イェーツ、勝利後インタビュー)

第15ステージ結果 1 サイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット/イギリス)in 04h 47′ 04” 2 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 00′ 33” 3 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 00′ 33” 4 エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)+ 00h 00′ 51” 5 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 00′ 51” 6 レナード・ケムナ(チームサンウェブ/ドイツ)+ 00h 01′ 03” 7 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 01′ 22” 8 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)+ 00h 01′ 22” 9 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 01′ 22” 10 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 01′ 30” ・・・ 11 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)+ 00h 01′ 49” 14 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)+ 00h 01′ 54” 15 ギヨーム・マルタン(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム/フランス)+ 00h 02′ 08” 18 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 02′ 58” 19 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)+ 00h 02′ 58” 20 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 02′ 58” 21 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)+ 00h 03′ 38”

個人総合順位 1 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)in 61h 00′ 22” 2 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 01′ 35” 3 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)+ 00h 01′ 47” 4 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 01′ 50” 5 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 02′ 02” 6 エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)+ 00h 02′ 14” 7 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 04′ 54” 8 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 05′ 00” 9 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)+ 00h 05′ 27” 10 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 05′ 33” ・・・ 11 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 06′ 30” 13 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)+ 00h 08′ 28” 15 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)+ 00h 11′ 39” 17 ファビオ・アル(UAEチームエミレーツ/イタリア)+ 00h 14′ 15” 18 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 14′ 31” 19 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 27′ 12”

ポイント賞 1 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)284 pts 2 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)191 pts 3 エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ/イタリア)187 pts

山岳賞 1 ティム・ウェレンス(ロット・スーダル/ベルギー)64 pts 2 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)50 pts 3 トーマス・デヘント(ロット・スーダル/ベルギー)37 pts

新人賞 1 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)in 61h 02′ 24” 2 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 12′ 29” 3 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)+ 00h 33′ 16”

チーム総合順位 1 モヴィスター チーム(スペイン)in 183h 28′ 20” 2 トレック・セガフレード(アメリカ)+ 00h 30′ 45” 3 チーム イネオス(イギリス)+ 00h 30′ 54”

敢闘賞 65 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)

第15ステージのリタイア なし

タイトルとURLをコピーしました