【ツール・ド・フランス2019 第17ステージ結果速報】欧州チャンピオンのトレンティンがラスト14km独走で区間優勝!総合勢は集団フィニッシュで変動なし

サイクリング

写真:ラスト14kmでのアタックを成功させ独走で区間優勝したトレンティン

アルプス決戦を翌日に控えた第17ステージはポン・デュ・ガールからギャップまでの200kmを移動する、いわゆる“逃げが容認されやすい”ステージ。アクチュアルスタートのあと、アタック合戦が繰り広げられ33人という巨大な先頭グループが形成された。中間スプリントポイントはアンドレア・パスクアロン(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム)が先頭通過、続く4級山岳はトーマス・デヘント(ロット・スーダル)がポイントを獲得。

メイン集団は逃げに乗り損ねたトタルディレクトエネルジーが先頭グループの時速51.7km/hを追いかけていたためハイペースだったが、ドゥクーニンク・クイックステップに代わったあとはペースを落とし、タイム差はみるみる開き先頭グループの中からステージ優勝者が出ることが濃厚になった。

残り距離30km、うねった地形を利用して先頭グループにアタックが掛かり、何度かのやりとりで抜け出すことに成功した11選手がゴールを目指して速度をあげる。最初にアレクシー・グジャール(アージェードゥゼール ラ モンディアル)が置き去りにされ、残り距離16kmでアタックを仕掛けたベンジャミン・キング(チーム ディメンションデータ)とトーマス・スクーリー(EFエデュケーションファースト)がついていけなくなった。

ラスト14km、3級ラ・サンティネル峠の手前で抜け出したマッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット)に対し、グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(シーシーシーチーム)やディラン・トゥーンス(バーレーン・メリダ)、バウケ・モレマ(トレック・セガフレード)、ダニエル・オス(ボーラ・ハンスグローエ)らは静観、ピエールリュック・ペリション(コフィディス、ソリュシオンクレディ)だけが追走するも差は縮まらない。

トレンティンはそのまま快走を続け、追走グループからカスパー・アスグリーン(ドゥクーニンク・クイックステップ)が飛び出し猛追するも間に合わず、ガッツポーズを決めながらトレンティンは37秒のタイムギャップを持ってフィニッシュラインを越えた。メイン集団は翌日に体力を温存、のんびり20分10秒後に集団ゴール。また、レース中に小競り合いをしたトニー・マルティン(チーム ユンボ・ヴィスマ)とルーク・ロウ(チーム イネオス)は失格処分となった。

「独走での勝利は想像したことがなかった、何度も区間トップ10入りしていてやっと勝てた、素晴らしい瞬間だ」(トレンティン、勝利後インタビュー)

第17ステージ結果 1 マッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット/イタリア)in 04h 21′ 36” 2 カスパー・アスグリーン(ドゥクーニンク・クイックステップ/デンマーク)+ 00h 00′ 37” 3 グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(シーシーシーチーム /ベルギー)+ 00h 00′ 41” 4 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+ 00h 00′ 41” 5 ディラン・トゥーンス(バーレーン・メリダ/ベルギー)+ 00h 00′ 41” 6 ゴルカ・イサギーレ(アスタナ プロチーム/スペイン)+ 00h 00′ 41” 7 ダニエル・オス(ボーラ・ハンスグローエ/イタリア)+ 00h 00′ 44” 8 ピエールリュック・ペリション(コフィディス、ソリュシオンクレディ /フランス)+ 00h 00′ 50” 9 トームス・スクウィンシュ(トレック・セガフレード/ラトビア)+ 00h 00′ 50” 10 ヘスス・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ /スペイン)+ 00h 00′ 55”

個人総合順位 1 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)in 69h 39′ 16” 2 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 01′ 35” 3 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)+ 00h 01′ 47” 4 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 01′ 50” 5 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 02′ 02” 6 エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)+ 00h 02′ 14” 7 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 04′ 54” 8 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 05′ 00” 9 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 05′ 33” 10 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 06′ 30”

ポイント賞 1 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)309 pts 2 エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ/イタリア)224 pts 3 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)203 pts

山岳賞 1 ティム・ウェレンス(ロット・スーダル/ベルギー)64 pts 2 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)50 pts 3 トーマス・デヘント(ロット・スーダル/ベルギー)37 pts

新人賞 1 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)in 69h 41′ 18” 2 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 13′ 31” 3 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)+ 00h 42′ 00”

チーム総合順位 1 トレック・セガフレード(アメリカ)in 208h 59′ 41” 2 モヴィスター チーム(スペイン)+ 00h 08′ 13” 3 UAEチームエミレーツ(アラブ首長国連邦)+ 00h 46′ 23”

敢闘賞 107 マッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット/イタリア)

第17ステージのリタイア 78  ルイスレオン・サンチェス(アスタナ プロチーム/スペイン) 143 セース・ボル(チームサンウェブ/オランダ)

タイトルとURLをコピーしました