【ツール・ド・フランス2019 第18ステージ結果速報】キンタナが26km独走でクイーンステージを制す、ベルナルが総合2位へジャンプアップ!

サイクリング

写真:クイーンステージをナイロ・キンタナが独走し区間優勝!

2019年のツール・ド・フランスの勝敗を決めるアルプス3連戦の初日、アンブランからヴァロワールまで208km、3級1つ、1級1つ、超級2つの山岳を越えるクイーンステージ。アクチュアルスタートのあと、激しいアタック合戦が続き34選手での逃げグループができるまで1時間20分かかった。3級レ・ドモワゼル・コイフェはアレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム)、1級コル・ド・ヴァールはティム・ウェレンス(ロット・スーダル)、中間スプリントポイントはジャスパー・デブイスト(ロット・スーダル)が先頭通過。この下りでニコラス・ロッシュ(チームサンウェブ)とジョージ・ベネット(チーム ユンボ・ヴィスマ)が落車している。

超級イゾアールでは先頭グループから抜け出したグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(シーシーシーチーム)とジュリアン・ベルナール(トレック・セガフレード)が先行、山頂手前でダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ)とロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル)が追い抜き、19kmの長いダウンヒルを9人で滑り降り、麓で追走の7選手が合流した。メイン集団は5分程度後方をモヴィスター チームやドゥクーニンク・クイックステップ、チーム イネオスがコントロール。

超級ガリビエの登り口まで先頭グループ16人の中で細かくアタックがかかり、この日敢闘賞のヴァンアーヴェルマート、セルジュ・パウエルス(シーシーシーチーム)、ルツェンコらの7人グループが先頭で全長23kmの長い登りへ突入。追走グループの中からウェレンスがついていけなくなり、ハイペースで登り続けた先頭グループからルツェンコがアタック、カウンターでナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム)が飛び出すとそのまま独走態勢へ。メイン集団の中からエガン・ベルナル(チーム イネオス)がアタックすると、アレハンドロ・バルデルデ(モヴィスター チーム)、エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ)がチェックするも抜けだすことに成功、そのまま先行してゴール地を目指す。

キンタナがガリビエ峠の山頂を先頭通過、追走グループから抜け出したバルデが1分43秒後に通過して山岳賞首位に躍り出た。マイヨジョーヌグループでは山頂手前でゲラント・トーマス(チーム イネオス)のアタックで一気に突き放すとティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)主導で追いかけるが、総合首位のジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)だけが置き去りにされた。

ダウンヒルでトーマスグループに追いついたアラフィリップは先行するベルナルを追う。ラスト26kmを独走したキンタナはそのままフィニッシュラインを越え、ツール通算3度目の区間優勝を果たし、個人総合順位を12位から7位へとジャンプアップに成功。1分35秒後にバルデが、3位にはスタートから果敢に攻めていたルツェンコが入っている。マイヨジョーヌグループは集団ゴール、1人先行したベルナルは総合タイムを32秒縮め、総合5位から2位へ順位をあげた。

「落車のあとで苦しんだけどタオルを投げたくなかった、ランダとバルベルデの総合成績のために力になりたい。今日は調子がいいと感じた、この美しい勝利は特別でとても嬉しい」(キンタナ、勝利後インタビュー)

第18ステージ結果 1 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)in 05h 34′ 15” 2 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 01′ 35” 3 アレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム/カザフスタン)+ 00h 02′ 28” 4 レナード・ケムナ(チームサンウェブ/ドイツ)+ 00h 02′ 58” 5 ダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ/イタリア)+ 00h 03′ 00” 6 ティシュ・ベノート(ロット・スーダル/ベルギー)+ 00h 04′ 46” 7 マイケル・ウッズ(EFエデュケーションファースト/カナダ)+ 00h 04′ 46” 8 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 04′ 46” 9 セルジュ・パウエルス(シーシーシーチーム /ベルギー)+ 00h 04′ 46” 10 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)+ 00h 05′ 18” ・・・ 11 エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)+ 00h 05′ 18” 12 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 05′ 18” 13 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 05′ 18” 14 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)+ 00h 05′ 18” 15 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 05′ 18” 16 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 05′ 18” 17 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 05′ 18” 18 ワレン・バルギル(チーム アルケア・サムシック/フランス)+ 00h 05′ 43” 19 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 06′ 16” 20 ギヨーム・マルタン(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム/フランス)+ 00h 06′ 47”

個人総合順位 1 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)in 75h 18′ 49” 2 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 01′ 30” 3 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 01′ 35” 4 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)+ 00h 01′ 47” 5 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 01′ 50” 6 エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)+ 00h 02′ 14” 7 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)+ 00h 03′ 54” 8 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 04′ 54” 9 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 05′ 33” 10 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 05′ 58” ・・・ 11 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 06′ 30” 12 ワレン・バルギル(チーム アルケア・サムシック/フランス)+ 00h 07′ 47” 13 ギヨーム・マルタン(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム/フランス)+ 00h 15′ 11” 14 ファビオ・アル(UAEチームエミレーツ/イタリア)+ 00h 16′ 21” 15 ロマン・クロイツィゲル(チーム ディメンションデータ/チェコ)+ 00h 17′ 00” 16 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 18′ 37” 17 クサンドロ・ムーリッセ(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム/ベルギー)+ 00h 22′ 43” 18 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 23′ 39” 19 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)+ 00h 34′ 23” 20 セバスティアン・レイヘンバッハ(グルパマ・エフデジ/スイス)+ 00h 35′ 52”

ポイント賞 1 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)309 pts 2 エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ/イタリア)224 pts 3 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)203 pts

山岳賞 1 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)86 pts 2 ティム・ウェレンス(ロット・スーダル/ベルギー)74 pts 3 ダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ/イタリア)60 pts

新人賞 1 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)in 75h 20′ 19” 2 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 17′ 07” 3 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)+ 00h 48′ 11”

チーム総合順位 1 モヴィスター チーム(スペイン)in 226h 02′ 13” 2 トレック・セガフレード(アメリカ)+ 00h 20′ 38” 3 EFエデュケーションファースト(アメリカ)+ 00h 59′ 11”

敢闘賞 111 グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(シーシーシーチーム/ベルギー)

第18ステージのリタイア 17 ルーカス・ペストルベルガー(ボーラ・ハンスグローエ/オーストリア) 147 ソーレン・クラーウアナスン(チームサンウェブ/デンマーク)

タイトルとURLをコピーしました