【ツール・ド・フランス2019 第4ステージ結果速報】集団スプリントフィニッシュを制したのはヴィヴィアーニ、全てのグランツールで区間優勝を果たす

サイクリング

写真:集団スプリントフィニッシュを制したのはエリア・ヴィヴィアーニ

ランスからナンシーまで213.5km、176人のプロトンが東へ向かう第4ステージ。0キロファーストアタックで飛び出したミのはヒャエル・シェアー(シーシーシーチーム)、フレデリック・バカールト、ヨアン・オフレド(共にワンティ・ゴペールサイクリングチーム)の3選手、そのまま逃げは容認された。

チーム ユンボ・ヴィスマ、ドゥクーニンク・クイックステップらが、逃げとのタイム差を3分程度で保つ。1つ目の4級山岳はシェアーが、中間スプリントポイントはバカールトが先頭通過、メイン集団ではエリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ)、ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ)、ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)と続いた。

残り距離18kmでメイン集団とのタイム差が無くなると195km近く逃げているシェアーが再びアタック、2つ目の4級マロン坂の手前で吸収されるも敢闘賞を獲得した。

ロマン坂でスプリンターたちを置き去りにして、集団スプリントフィニッシュを回避したいチームサンウェブなどが登坂でペースアップをはかるも脱落者なく山頂を越え、プロトンはテクニカルな集団スプリントへと備える。

ラスト11km地点でリリアン・カルメジャーヌ(トタルディレクトエネルジー)が抜け出すも、残り距離6km地点で吸収。ゆるい下り坂の続く市街地を駆け抜け、直角コーナーやラウンドアバウトをやり過ごし各チームがトレインを組んで速度を上げる。

フラムルージュをマイヨ・ジョーヌ着用のジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)が先頭でくぐり、ドゥクーニンクのトレインが機能したままミカエル・モルコフ、マクシミリアーノ・リケーゼのリードアウトでスプリントを開始したヴィヴィアーニがアレクサンドル・クリストフ(UAEチームエミレーツ)やカレブ・ユアン(ロット・スーダル)に先行を許さずフィニッシュ。ヴィヴィアーニはツール初の区間優勝。

「この勝利は大きな意味をもつ、ステージ優勝を狙っていたのでホッとした。チームのリードアウトは完璧、僕はゴール前でスプリントするだけだった。これで全てのグランツールで勝利することができた」(ヴィヴィアーニ、勝利後インタビュー)

第4ステージ結果 1 エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ/イタリア)in 05h 09’20” 2 アレクサンドル・クリストフ(UAEチームエミレーツ/ノルウェー)at 00’00” 3 カレブ・ユアン(ロット・スーダル/オーストラリア)at 00’00” 4 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)at 00’00” 5 ディラン・フルーネウェーヘン(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)at 00’00” 6 マイク・テウニッセン(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)at 00’00” 7 ジャコモ・ニッツォーロ(チーム ディメンションデータ/イタリア)at 00’00” 8 ジャスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード/ベルギー)at 00’00” 9 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)at 00’00” 10 クリストフ・ラポルト(コフィディス、ソリュシオンクレディ /フランス)at 00’00”

個人総合順位 1 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)in 14h 41’39” 2 ウァウト・ヴァンアールト(チーム ユンボ・ヴィスマ/ベルギー)at 00’20” 3 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)at 00’25” 4 ジョージ・ベネット(チーム ユンボ・ヴィスマ/ニュージーランド)at 00’25” 5 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)at 00’40” 6 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)at 00’40” 7 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)at 00’45” 8 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)at 00’46” 9 グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(シーシーシーチーム /ベルギー)at 00’51” 10 マイケル・ウッズ(EFエデュケーションファースト/カナダ)at 00’51” ・・・ 12 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)at 00’52” 13 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)at 00’53” 14 ティージェイ・ヴァンガーデレン(EFエデュケーションファースト/アメリカ)at 00’53” 16 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)at 00’57” 21 ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)at 01’01” 22 アダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット/イギリス)at 01’06” 23 アレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム/カザフスタン)at 01’06” 25 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)at 01’06” 36 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)at 01’28” 38 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)at 01’30” 40 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)at 01’30” 41 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)at 01’30” 43 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)at 01’43” 46 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)at 01’43” 47 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)at 01’44” 52 ワレン・バルギル(チーム アルケア・サムシック/フランス)at 02’16” 54 ファビオ・アル(UAEチームエミレーツ/イタリア)at 02’19” 71 イルヌール・ザカリン(チーム カチューシャ・アルペシン/ロシア)at 04’57”

ポイント賞 1 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)104 pts 2 エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ/イタリア)81 pts 3 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)75 pts

山岳賞 1 ティム・ウェレンス(ロット・スーダル /ベルギー)7 pts 2 クサンドロ・ムーリッセ(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム/ベルギー)3 pts 3 グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(シーシーシーチーム /ベルギー)2 pts

新人賞 1 ウァウト・ヴァンアールト(チーム ユンボ・ヴィスマ/ベルギー)in 14h 41’59” 2 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)at 00’20” 3 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)at 00’26”

チーム総合順位 1 チーム ユンボ・ヴィスマ(オランダ)in 44h 35’04” 2 チームサンウェブ(ドイツ)at 01’44” 3 EFエデュケーションファースト(アメリカ)at 01’57”

敢闘賞 117 ミヒャエル・シェアー(シーシーシーチーム /スイス)

第4ステージのリタイア なし

タイトルとURLをコピーしました