【ツール・ド・フランス2019 第8ステージ結果速報】トーマス・デヘントが見事な大逃げで区間優勝!アラフィリップが総合首位に返り咲く!!

サイクリング

写真:トーマス・デヘントが逃げ切り勝利

中央山塊を通る第8ステージは、マコンを出発し7つの中級山岳と無数のアップダウンを繰り返し200km先のサン・テティエンヌを目指す。前日落車したティージェイ・ヴァンガーデレン(EFエデュケーションファースト)は骨折が見つかったためスタートせず、またクリストフ・ラポルト(コフィディス、ソリュシオンクレディ)もスタートしたもののリタイアしている。

ファーストアタックで逃げを決めたトーマス・デヘント(ロット・スーダル)、ベンジャミン・キング(チーム ディメンションデータ)、ニキ・テルプストラ(トタルディレクトエネルジー)、追走で飛び出したアレッサンドロ・デマルキ(シーシーシーチーム)が合流に成功し、4選手での逃げグループを形成。5分程度のタイム差でメイン集団はボーラ・ハンスグローエなどがコントロール。

スタートから33km地点の中間スプリントポイントはテルプストラが先頭通過、集団ではエリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ)、ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)、マイケル・マシューズ(チームサンウェブ)の順で通過。2級、3級の山岳ポイントをデヘントが全て先頭通過しながら先を急ぎ、5つ目の峠でテルプストラとベン・キングがついていけなくなる。

アスタナ プロチームやEFエデュケーションファーストが登りでのペースを刻みメイン集団は縮小され、残り距離17km、最後の3級峠に入る直前でチーム イネオスに集団落車が発生。ディフェンディングチャンピオンのゲラント・トーマスは落車を回避したが、ペースアップした集団に追いついたのは峠を半分ほど登った後だった。

最終峠でデマルキを置き去りにしたデヘントが独走でゴールを目指し、勾配のきついところでヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)が遅れ始めた時、ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)がアタック、ついてこれたのはティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)のみ。アフラフィリップは山頂を2番目に通過したためボーナスタイムの5秒を獲得、そのままピノと2人で30秒先行するデヘントを追いかける。

テクニカルなダウンヒルを抜けてもデヘントの脚は緩まない、タイム差25秒でフラムルージュを駆け抜け、単独のままフィニッシュラインを超え敢闘賞も獲得した。6秒後にピノとアラフィリップもフィニッシュ、ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード)から23秒差でアラフィリップはマイヨ・ジョーヌを取り戻し、フランス革命記念日にフランス人選手がマイヨ・ジョーヌを纏うこととなった。

「最後の登りはフルガスで踏みまくった、勝てるかも知れないと思ったのは4分くらい差がついたとき。コンディションは非常にいいので苦しくもなかったし、出し切る感じでもなかった。17kmくらいでスピードアップした時に逃げ切れるかも、と思い始めた。チームとして区間優勝が目標だったので達成できて本当によかった」(デヘント、勝利後インタビュー)

第8ステージ結果 1 トーマス・デヘント(ロット・スーダル/ベルギー)in 05h 00′ 17” 2 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 00′ 06” 3 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)+ 00h 00′ 06” 4 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)+ 00h 00′ 26” 5 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)+ 00h 00′ 26” 6 マッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット/イタリア)+ 00h 00′ 26” 7 クサンドロ・ムーリッセ(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム/ベルギー)+ 00h 00′ 26” 8 グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(シーシーシーチーム /ベルギー)+ 00h 00′ 26” 9 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 00′ 26” 10 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 00′ 26” ・・・ 12 アレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム/カザフスタン)+ 00h 00′ 26” 13 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)+ 00h 00′ 26” 14 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 00′ 26” 15 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 00′ 26” 16 アダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット/イギリス)+ 00h 00′ 26” 17 ワレン・バルギル(チーム アルケア・サムシック/フランス)+ 00h 00′ 26” 19 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+ 00h 00′ 26” 20 ファビオ・アル(UAEチームエミレーツ/イタリア)+ 00h 00′ 26” 21 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)+ 00h 00′ 26” 23 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)+ 00h 00′ 26” 24 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)+ 00h 00′ 26” 26 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 00′ 26” 27 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 00′ 26” 28 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 00′ 26” 31 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 00′ 26” 32 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)+ 00h 00′ 26” 45 ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+ 00h 04′ 25”

個人総合順位 1 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)in 34h 17′ 59” 2 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)+ 00h 00′ 23” 3 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 00′ 53” 4 ジョージ・ベネット(チーム ユンボ・ヴィスマ/ニュージーランド)+ 00h 01′ 10” 5 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 01′ 12” 6 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 01′ 16” 7 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)+ 00h 01′ 27” 8 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 01′ 38” 9 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)+ 00h 01′ 42” 10 エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)+ 00h 01′ 45” ・・・ 11 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)+ 00h 01′ 46” 12 アダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット/イギリス)+ 00h 01′ 47” 14 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)+ 00h 02′ 04” 15 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 02′ 06” 16 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)+ 00h 02′ 09” 17 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 02′ 15” 18 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 02′ 19” 19 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+ 00h 02′ 45” 21 アレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム/カザフスタン)+ 00h 02′ 54” 22 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 03′ 18” 23 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 03′ 20” 24 ワレン・バルギル(チーム アルケア・サムシック/フランス)+ 00h 03′ 26” 26 ファビオ・アル(UAEチームエミレーツ/イタリア)+ 00h 03′ 48” 28 ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ/イタリア)+ 00h 06′ 18”

ポイント賞 1 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)204 pts 2 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)144 pts 3 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)129 pts

山岳賞 1 ティム・ウェレンス(ロット・スーダル/ベルギー)43 pts 2 トーマス・デヘント(ロット・スーダル/ベルギー)37 pts 3 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)30 pts

新人賞 1 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)in 34h 18′ 22” 2 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 00′ 53” 3 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)+ 00h 01′ 23”

チーム総合順位 1 トレック・セガフレード(アメリカ)in 103h 29′ 48” 2 モヴィスター チーム(スペイン)+ 00h 01′ 39” 3 グルパマ・エフデジ(フランス)+ 00h 01′ 44”

敢闘賞 164 トーマス・デヘント(ロット・スーダル/ベルギー)

第8ステージのリタイア 97 ティージェイ・ヴァンガーデレン(EFエデュケーションファースト/アメリカ) 151 クリストフ・ラポルト(コフィディス、ソリュシオンクレディ/フランス)

タイトルとURLをコピーしました