【ツール・ド・フランス2019 第9ステージ結果速報】インピーがベノートとの一騎打ちに競り勝ち念願のステージ優勝を果たす!

サイクリング

写真:脚質の違いを見せたダリル・インピーが自身初のツール区間優勝

中央山塊2日目、サン・テティエンヌを出発し3つの山岳ポイントと無数のアップダウンを繰り返し170.5km先のブリウドを目指す第9ステージ。花火と共にアクチュアルスタートが切られるとニルス・ポリッツ(チーム カチューシャ・アルペシン)が飛び出して独走状態に入り、集団がペースアップして数秒後方で活性化した状態が続く。10kmほど進んだところでアレッサンドロ・デマルキ(シーシーシーチーム)が落車、そのまま救急車で搬送されリタイアとなった。

ポリッツが吸収されるとカウンターで飛び出した14人の選手の逃げグループが容認され、ジョイントに成功したマルク・ソレル(モヴィスター チーム)を含む15人で逃げ切り勝利を目指す。1級ミュール・ドレック・シュル・ロワールをティシュ・ベノート(ロット・スーダル)が、中間スプリントポイントはエドヴァルド・ボアッソンハーゲン(チーム ディメンションデータ)が、3級山岳はダリル・インピー(ミッチェルトン・スコット)が先頭通過、メイン集団はすでに10分以上タイム差がついている。

無名峠で先頭グループからイバン・ガルシア(バーレーン・メリダ)、ジャスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード)、ベノートがアタックを仕掛けるも追いつかれ、ルーカス・ペストルベルガー(ボーラ・ハンスグローエ)が飛び出た形でそのままダウンヒルを利用してタイム差を広げた。残り距離15kmの登坂でペストルベルガーは吸収され、ニコラス・ロッシュ(チームサンウェブ)とベノートが抜け出し、3級サン・ジュスト坂の山頂まで400mの地点でインピーが2選手を追い抜いて山頂を先頭通過。インピー、ベノート、ロッシュ、ソレルの4人で12km先のフィニッシュ地へと急ぐ、追走は13秒後方に迫っていてメイン集団はさらに14分後方を進行中。

登り返しでベノートのアタックにインピーだけが反応、そのままタイムトライアル状態で追走を寄せつけない。3級サン・ジュスト坂でロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル)がアタックするも淡々と登りをこなすチーム イネオス牽引の集団へ飲み込まれた。インピーが先頭でフラムルージュを抜け、つき位置のベノートがラスト200mでスプリントを開始するもインピーが差し返し、自身初のツール区間優勝を飾った。また、ベノートは敢闘賞を獲得している。

プロトンはその後、競ることなく16分25秒後に集団フィニッシュ、総合順位に変動はなかった。

「ツールの舞台で勝つということの偉大さ、夢がかなった。過去に幾度も逃げに乗って挑戦してきた、最後とにかく脚が残っていてよかった」(インピー、勝利後インタビュー)

第9ステージ結果 1 ダリル・インピー(ミッチェルトン・スコット/南アフリカ)in 04h 03′ 12” 2 ティシュ・ベノート(ロット・スーダル/ベルギー)- 3 ヤン・トラットニック(バーレーン・メリダ/スロベニア)+ 00h 00′ 10” 4 オリバー・ナーセン(アージェードゥゼール ラ モンディアル/ベルギー)+ 00h 00′ 10” 5 ジャスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード/ベルギー)+ 00h 00′ 10” 6 ニコラス・ロッシュ(チームサンウェブ/アイルランド)+ 00h 00′ 14” 7 マルク・ソレル(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 00′ 21” 8 イバン・ガルシア(バーレーン・メリダ/スペイン)+ 00h 01′ 50” 9 サイモン・クラーク(EFエデュケーションファースト/オーストラリア)+ 00h 01′ 50” 10 アントニー・ドゥラプラス(チーム アルケア・サムシック/フランス)+ 00h 02′ 42” ・・・ 27 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 16′ 25” 32 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 16′ 25” 35 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)+ 00h 16′ 25” 36 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 16′ 25” 66 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 03′ 20”

個人総合順位 1 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)in 38h 37′ 36” 2 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)+ 00h 00′ 23” 3 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 00′ 53” 4 ジョージ・ベネット(チーム ユンボ・ヴィスマ/ニュージーランド)+ 00h 01′ 10” 5 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 01′ 12” 6 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 01′ 16” 7 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)+ 00h 01′ 27” 8 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 01′ 38” 9 ヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム/デンマーク)+ 00h 01′ 42” 10 エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)+ 00h 01′ 45” ・・・ 11 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)+ 00h 01′ 46” 12 アダム・イェーツ(ミッチェルトン・スコット/イギリス)+ 00h 01′ 47” 14 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)+ 00h 02′ 04” 15 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 02′ 06” 16 ダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ/アイルランド)+ 00h 02′ 09” 17 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 02′ 15” 18 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 02′ 19” 19 バウケ・モレマ(トレック・セガフレード/オランダ)+ 00h 02′ 45” 22 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 03′ 18” 23 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)+ 00h 03′ 20” 26 ファビオ・アル(UAEチームエミレーツ/イタリア)+ 00h 03′ 48”

ポイント賞 1 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)204 pts 2 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)144 pts 3 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)129 pts

山岳賞 1 ティム・ウェレンス(ロット・スーダル/ベルギー)43 pts 2 トーマス・デヘント(ロット・スーダル/ベルギー)37 pts 3 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)30 pts

新人賞 1 ジュリオ・チッコーネ(トレック・セガフレード/イタリア)in 38h 37′ 59” 2 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)+ 00h 00′ 53” 3 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)+ 00h 01′ 23”

チーム総合順位 1 トレック・セガフレード(アメリカ)in 116h 12′ 24” 2 モヴィスター チーム(スペイン)+ 00h 01′ 50” 3 EFエデュケーションファースト(アメリカ)+ 00h 15′ 24”

敢闘賞 162 ティシュ・ベノート(ロット・スーダル/ベルギー)

第9ステージのリタイア 113 アレッサンドロ・デマルキ(シーシーシーチーム/イタリア)

タイトルとURLをコピーしました