芸歴80年超! 内海桂子師匠が語るツール・ド・フランス&スポーツの魅力

サイクリング

先日96歳を迎えたばかりの内海桂子師匠。漫才協名誉会長を務めながら、今も現役芸人として舞台に立ち続けている。内海桂子師匠の知られざる顔の1つが大のスポーツファンということ。ツイッターを通して、野球、ラグビー、さらにはサイクルロードレースまで、様々な競技の魅力を語っている。今回は、内海桂子師匠にツール・ド・フランスの魅力に加え、スポーツのどこに惹かれるのかをうかがった。

J SPORTS:「内海桂子師匠がツイッターでツール・ド・フランスのことを呟いている!」ということが以前からファンの間で話題になっておりまして、今回お話をおうかがいすることにしました。

あらそう。ありがとう。でも、いつも見ているわけじゃないのよ。テレビが点いているときはだいたいスポーツを見ていますよ。

J SPORTS:初めてサイクルロードレースを見たのはいつですか?

スポーツとかレースとか、小さい頃からずっと好きだったのよ。いつだったかは覚えてないけど、自然に見るようになりました。ツール・ド・フランスは、時間があるときは、5時間ぐらいやっていても平気で見ちゃいますよ。最初はルールもわからなくて、おんなじ色のユニフォームの選手がなんで抜かしたり抜かされたりするんだって。風よけのために選手が入れ替わるたびに、勝った負けたって騒いでましたよ。でも、解説の方がいろいろルールだったり、自転車レースのことを教えてくれるから、そこがいいですよ。90歳を超えた私でも楽しめるんだから。

J SPORTS 番組情報

開催日:2019年7月6日(土)〜28日(日)

J SPORTS:ツール・ド・フランスはどんなところが魅力ですか?

いろいろな風景が映って、それを見るのも楽しいけど、山の中とか行くだけでも大変でしょ。それを自転車で走るんだから、選手は命がけ。一生懸命な選手をこっちもただ見ているだけじゃなくて、本当に真剣に応援していますよ。

J SPORTS:サイクルロードレース以外にもたくさんのスポーツを見てらっしゃいますが、師匠の芸人人生とスポーツと共通するところはありますか?

私らも勝手なことやって人を笑わせているけど、真剣勝負なのはスポーツも舞台もおんなじだけど、そこに命がかかってる仕事は本当に大変でしょ。

J SPORTS:逆にスポーツ中継の実況アナウンサーに対しては厳しい面もありますね?

解説者が「そうですね」というのが気に入らないのよ。昔の夫婦漫才の奥さんは相槌を打ってるだけでよかったけど、全然ノーを言わない奥さんなんて実際にはいないでしょ。それと同じ。スポーツ中継も「そうですね」だけじゃつまらないんですよ(笑)。

タイトルとURLをコピーしました