きょうの絵空事、あしたの真実…なんの前触れもなく反故にされる約束

サッカー

リヨンから即戦力のMFタンギ・エンドンベレを獲得した。キーラン・トリッピアーがアトレティコ・マドリーに移籍したということは、右サイドバックの第一ターゲットはマルセイユの酒井宏樹なのか。あるいはノリッジのマックス・アーロンズか。

なにかにつけてクレームの多いダニー・ローズが、プレシーズンツアーのメンバーから除外された。左サイドバックの人選にも興味が湧いてくる。噂どおり、フラムのライアン・セセニョンを獲りにいくのか。そしてクリスティアン・エリクセンの新天地は、やはりレアル・マドリーなのだろうか。

J SPORTS放送情報

  • 放送日:2019年7月31日(水) 放送時間:午前 9時 20分~午前 11時 30分

トッテナムが市場を賑わせている。ジオバニ・ロチェルソ(ベティス)と交渉が進まなかったり、ダニ・セバージョス(レアル・マドリー)はアーセナルに奪われる確率が高くなったり、マウリシオ・ポチェッティーノ監督のプランは必ずしも順調ではないけれど、一年前とは大違いだ。少なくともエキサイトできるし、落胆も味わえる。この感覚をサポーターは待っていた。

さて、トビー・アルデルヴァイレルトはどうか。現地時間の25日に2500万ポンド(約35億円)のバイアウト条項が失効するため、多くのメディアが依然として売却候補に挙げている。即戦力のセンターバックにしてはお手頃価格なのだから当然だ。また、来年6月末日に契約満了で退団した場合、トッテナムは一銭の得にもならない。商売上手のダニエル・レビー会長が、「売るならいま」と判断する可能性は十分にある。

タイトルとURLをコピーしました