パリSGのスタンスは「それなりの金額でお持ち帰りください」

サッカー

プロなのだから話題は多いほうがいい。メディアはなにかと厄介だが(自分でいうか!)、この業界の注目度は人気のバロメーターでもある。それにしても……。

ネイマールにはネガティブな話題がつきまとう。本人が発信したり、エージェントの無謀な仕掛けだったり、所属クラブの情報操作だったケースもあるとはいえ、一般大衆には受け入れられないような内容ばかりだ。

例えば、エディンソン・カバーニとの確執である。パリ・サンジェルマンにおける主導権争いがエスカレートし……いや、ネイマールがボスになりたかっただけなのだろう。PKのキッカーをめぐり、あるいはミーティング中に、カバーニを侮辱したとの情報が漏れ伝わってきた。こうした状況に陥った場合、メディアの見解はふたつに分かれるものだが、ネイマールを支持する声は聞こえてこなかった。

J SPORTS 放送情報

  • 総合体育大会サッカー競技大会

  • 注目試合を放送!

また、昨シーズンのフランスカップ決勝では、汚いヤジを飛ばした男を殴打した。バルセロナに所属していた当時には、トレーニング中に激しくチャージしたネウソン・セメドに過剰反応。あわや大乱闘の混乱も招いている。自分をコントロールできない性格だ。

数々の愚行に業を煮やしたのか、パリSGのディレクターに再就任したレオナルドも大きな決断に至った。

「ネイマールがその気なら、いつだって退団できる」

不要論とも取れる。

「適正なオファー以外は受け付けない」

予防線も張っている。

タイトルとURLをコピーしました