【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 26】筆者独断による今週のスターたち

バスケットボール

★★★:富樫勇樹(千葉ジェッツ #2)

富山グラウジーズとのシリーズでは、2試合とも得点とアシストが2ケタのダブルダブルを達成した。1戦目は3Qで3本の3Pを含む11点、6アシストと試合を支配するなど、トータルで17点、13アシストを3Qまででマーク。ターンオーバーがわずか1本というのも素晴らしかった。2戦目は前半で7アシストとプレーメーカーとして、後半になると3Qだけで13点を稼ぐというスコアラーとしての能力を存分に発揮。この2試合では14本中10本成功という高確率で決めたことに加え、23アシストでわずか3ターンオーバーというのは、ポイントガードとして質の高いプレーをしていたことを示していた。

★★:馬場雄大(アルバルク東京 #6)

新潟アルビレックスBBブースターで埋まったタフなアウェイ戦ながら、1戦目が14点、3リバウンド、4アシスト、2スティール、2ブロックショット。2戦目は17点、6リバウンド、6アシストとさらにステップアップし、東京のセミファイナル進出に大きく貢献。最大で14点差をつけられたが、一気に逆転した3Qでは得点こそ4点だったが、4アシストとプレーメーカーとして存在感を示し、ディフェンスでも2本のスティールを決めるなど素晴らしい仕事をしていた。このシリーズでは3Pを1本も打たなかったが、ペリメターからのシュートを着実に決めて得点を稼げたのも、東京にとっては大きかった。

タイトルとURLをコピーしました