サントリーvs.パナソニック、準決勝進出を賭けた全勝対決、トップリーグカップ

ラグビー

6月22日から始まったトップリーグ(以下TL)16チームとトップチャレンジリーグ8チームによるトップリーグカップ。7月19日(金)~20日(土)、プール戦の最終戦を迎える。

すでにクボタスピアーズが、プールC首位を決めており、最終節でベスト4に進出する残り3チームが決まる。

中でも注目されているのが黄色vs.青の激突だ。19日(金)、東京・秩父宮ラグビー場でプールAの全勝同士の対決、サントリーサンゴリアス(昨年度TL準優勝)とパナソニック ワイルドナイツ(昨年度TL6位)が対戦する。

この試合の勝者がプール首位となり、準決勝進出が決まる。まずはそれぞれのここまでの成績を見てみよう。

J SPORTS オンデマンド番組

  • トップチャレンジリーグ含む24チームが激突

  • 配信期間:7月19日(金)午後7:25~午後10:00 ※見逃し配信あり

◆サントリー(総勝ち点20)
第1節 サントリー 88-5 清水建設
第2節 Honda 3-40 サントリー
第3節 サントリー 55-7 栗田工業
第4節 日野 3-39 サントリー

◆パナソニック(総勝ち点19)
第1節 パナソニック 31-29 日野
第2節 パナソニック 55-14 清水建設
第3節 パナソニック 40-7 Honda
第4節 栗田工業 10-39 パナソニック

サントリーは4試合で34トライ&失トライ2と開幕から好調。今シーズンから加入のFL(フランカー)/NO8(ナンバーエイト)ジョーダン・スマイラーが4トライと気を吐いている。

一方のパナソニックは開幕戦で日野に苦戦したが、その後は安定的な強さを発揮している。

今シーズン加入したCTB(センター)ディラン・ライリーが4トライを挙げ、帝京大学出身の新人WTB(ウィング)竹山晃暉が、2トライとプレースキックで51点を挙げている。

それではサントリーからメンバーを見ていこう。キャプテンはPR(プロップ)垣永真之介が務める。

LO(ロック)にはジョー・ウィーラー、小林航の長身コンビ。FLは好調のスマイラー、ジャッカルの上手い西川征克、NO8にはオーストラリア代表キャップ26のショーン・マクマーンと豪華な布陣だ。

BK(バックス)はSH(スクラムハーフ)大越元気とオーストラリア代表キャップ103のSO(スタンドオフ)マット・ギタウがタクトを握り、WTBには塚本健太と成田秀平、FB(フルバック)にはウルフパックでも活躍した尾崎晟也が入った。

また、東海大学出身のルーキー、テビタ・タタフがベンチからのスタートとなった。

タイトルとURLをコピーしました