フィジー戦に挑むラグビー日本代表がメンバーを発表。ゲームキャプテンは代表デビュー戦の「ラピース」。パシフィック・ネーションズカップ

ラグビー

写真:代表初キャップでゲームキャプテンを務める「ラピース」ことピーター・ラブスカフニ

7月25日(木)、ラグビー日本代表は27日(土)に岩手・釜石鵜住居復興スタジアムで行われるパシフィック・ネーションズカップ(PNC)初戦のフィジー代表戦のメンバー23名を発表した。

ゲームキャプテンには、この試合が初キャップとなる「ラピース」ことFL(フランカー)ピーター・ラブスカフニが選ばれ、今年になって初の試合となるキャプテンのFLリーチ マイケルはベンチスタートとなった。

同じくノンキャップのLO(ロック)ジェームス・ムーア(宗像サニックス)も先発、出場すれば初キャップとなるPR(プロップ)木津悠輔(トヨタ自動車)が控えに入った。

J SPORTS 番組情報

  • 配信期間:7月27日(土)午後5:45~9月30日(月)午後11:59

キャップ「0」のラピースが、ゲームキャプテンを務めることに対して、ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)は「ラピースは、ラグビー選手としてキャリアが長く、経験値が高い」。

「彼がキャプテンとしてチームを牽引するのはふさわしい。ウルフパックでもキャプテンの任務を果たした」。

「リーチが100%ではなく、6ヶ月ぶりの試合であまりプレッシャーをかけないように、ラピースがキャプテンになるのは必然でした」と説明し、その信頼の高さがうかがえた。

ラピース本人は「今回の試合が私のデビュー戦になりますが、ブレイブブロッサムズのジャージーを着て、素晴らしい日本という国を代表してプレーできることを名誉、光栄に思っています」。

「本番当日に国歌を歌ったとき、感情がわき出てきて感極まると思います。非常に特別な機会になると思いますし、絶好の与えられたチャンスを思いっきりやりたい」と語気を強めた。

世界ランキングが9位と日本より2つ上のフィジー代表に対して、どんなラグビーをしたいかと聞かれてラピースは「フィジー代表はアンストラクチャー(からのアタック)、オフロードパス、ランすることを非常に得意としているチームです」。

「相手がそれらをしてくること避けられないと思いますが、日本代表は日本代表でプランを持っています。我々も準備万端だと思います」と静かに闘志を燃やしている。

タイトルとURLをコピーしました