【ツール・ド・フランス 2019 第2ステージ / レースレポート】トニー・マルティンが強力に牽引、ユンボがTTTをトップタイムでフィニッシュ!

レスリング

黄色いジャージを擁する黄色いジャージ集団が、ブリュッセルの町を最速で駆け抜けた。ユンボ・ヴィスマが28分57秒のトップタイムを叩きだし、マイク・テウニッセンは2日連続で区間勝利とマイヨ・ジョーヌ(とマイヨ・ヴェール)の表彰式を楽しんだ。

全22チームの中で真っ先に好タイムを記録したのは、第1出走チームのイネオス。3週間後のマイヨ・ジョーヌ大本命を2人抱える英国軍は、約1時間45分に渡ってホットシートを温め続けた。もしも十分なタイム差をつけてイネオスが区間勝利を果たした場合、第1ステージをチーム内最上位(80位)で終えたジャンニ・モスコンの元にイエロージャージが巡ってくるはずだった。

Cycle*2019 ツール・ド・フランス 第3ステージ 放送情報

  • 放送日:2019年7月8日(月) 放送時間:午後 8時 55分~深夜 2時 00分

しかし最終22番目に出走したチームが、センセーショナルな走りを披露した。個人タイムトライアルで4度の世界王座に上り詰めたトニー・マルティンの強力な牽引力に導かれ、ユンボ・ヴィスマは第1計測地点で2位以下に早くも11秒差をつけた。しかも第2地点では14秒、フィニッシュでは20秒と、リードを押し広げさえした!

タイトルとURLをコピーしました