【ツール・ド・フランス2019 第1ステージ結果速報】波乱含みのグランデパール、集団スプリントを僅差で制したのはテウニッセン!

レスリング

写真:集団スプリントを制したのはマイク・テウニッセン(チーム ユンボ・ヴィスマ)

マイヨ・ジョーヌ100周年を祝うツール・ド・フランス2019年大会がベルギーの首都ブリュッセルにてグランデパールを迎えた。7.6kmのパレードランのあとグレッグ・ヴァンアーヴェルマート(シーシーシーチーム)、ナトナエル・ベルハネ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、マッズ・ウルスシュミット(チーム カチューシャ アルペシン)、クサンドロ・ムーリッセ(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム)の4選手がアクチュアルスタートと共に飛び出し逃げを形成。ヴァンアーヴェルマートが3級山岳ミュール・ド・グラモン(カペルミュール)を先頭通過し今大会最初の山岳賞ジャージを確定させた。

残り距離70kmで逃げグループは吸収、中間スプリントポイントは7度目のマイヨ・ヴェールを狙うペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ)が先頭通過、その後ステファヌ・ロセット(コフィディス、ソリュシオンクレディ)が1人抜け出し50kmほど逃げ、敢闘賞を手に入れた。

ラスト20kmで総合優勝を狙うヤコブ・フグルサング(アスタナ プロチーム)が落車し、額から血を流しながら4人のチームメイトのサポートで集団復帰を果たした。ゴール前スプリントに向けて集団の速度が上がったところ、残り距離1.6km地点でステージ優勝候補のディラン・フルーネウェーヘン(チーム ユンボ・ヴィスマ)が落車。

残り距離500m、ドゥクーニンク・クイックステップのマクシミリアーノ・リケーゼがエリア・ヴィヴィアーニをリードアウトするもカレブ・ユアン(ロット・スーダル)と接触し失速、マイケル・マシューズ(チームサンウェブ)が前に押し出される形でロングスプリントを開始すると、番手のサガンとソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ)が飛び出す。フィニッシュライン上で外側からマイク・テウニッセン(チーム ユンボ・ヴィスマ)がなだれ込み、タッチの差で区間優勝をもぎ取った。

「信じられない勝利、ディラン(フルーネウェーヘン)が落車してしまったので切り替えた、明日のチームタイムトライアルも全力で頑張りたい」(テウニッセン、勝利後インタビュー)


第1ステージ結果

1 マイク・テウニッセン(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)in 04h 22′ 47”
2 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)at 00’00”
3 カレブ・ユアン(ロット・スーダル/オーストラリア)at 00’00”
4 ジャコモ・ニッツォーロ(チーム ディメンションデータ/イタリア)at 00’00”
5 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)at 00’00”
6 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)at 00’00”
7 マッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット/イタリア)at 00’00”
8 オリバー・ナーセン(アージェードゥゼール ラ モンディアル/ベルギー)at 00’00”
9 エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ/イタリア)at 00’00”
10 ジャスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード/ベルギー)at 00’00”


個人総合順位

1 マイク・テウニッセン(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)in 04h 22′ 47”
2 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)at 00’04”
3 カレブ・ユアン(ロット・スーダル/オーストラリア)at 00’06”
4 ジャコモ・ニッツォーロ(チーム ディメンションデータ/イタリア)at 00’10”
5 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)at 00’10”
6 マイケル・マシューズ(チームサンウェブ/オーストラリア)at 00’10”
7 マッテオ・トレンティン(ミッチェルトン・スコット/イタリア)at 00’10”
8 オリバー・ナーセン(アージェードゥゼール ラ モンディアル/ベルギー)at 00’10”
9 エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ/イタリア)at 00’10”
10 ジャスパー・ストゥイヴェン(トレック・セガフレード/ベルギー)at 00’10”


ポイント賞

1 マイク・テウニッセン(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)50 pts
2 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)50 pts
3 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)33 pts


山岳賞

1 グレッグ・ヴァンアーヴェルマート(シーシーシーチーム /ベルギー)2 pts
2 クサンドロ・ムーリッセ(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム/ベルギー)2 pts


新人賞

1 カレブ・ユアン(ロット・スーダル/オーストラリア)in 04h 22′ 43”
2 アムンドグレンダ―ル・ヤンセン(チーム ユンボ・ヴィスマ/ノルウェー)at 00′ 04”
3 ウァウト・ヴァンアールト(チーム ユンボ・ヴィスマ/ベルギー)at 00′ 04”


チーム総合順位

1 チーム ユンボ・ヴィスマ(オランダ)in 13h 08′ 21”
2 ワンティ・ゴペールサイクリングチーム(ベルギー)at 00′ 00”
3 ドゥクーニンク・クイックステップ(ベルギー)at 00′ 00”


敢闘賞

157 ステファヌ・ロセット(コフィディス、ソリュシオンクレディ/フランス)


第1ステージのリタイア

なし

タイトルとURLをコピーしました