【ツール・ド・フランス2019 第19ステージ結果速報】アラフィリップがついに陥落、ベルナルが48秒上回りマイヨ・ジョーヌ獲得!嵐でレースは中断

レスリング

写真:超級イズラン峠を圧巻の走りで上ったベルナルが総合首位へ

 

アルプス2日目はサン・ジャン・ド・モーリエンヌからティニュまでの126.5Kmの短期決戦、5つの山岳を常に上り続ける難関ステージ。アクチュアルスタートのあとダニエル・マーティン(UAEチームエミレーツ)、ヘスス・エラダ(コフィディス、ソリュシオンクレディ)、ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン・メリダ)、ペリョ・ビルバオ(アスタナ プロチーム)の4選手が抜け出すことに成功するも、メイン集団は容認する様子はなく追走グループが飛び出しては吸収するアクティブな状態を繰り返した。

3級サン・アンドレ峠をマーティンが先頭通過、個人総合5位のティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ)が左ひざの痛みで走行できなくなりリタイア、涙ながらにチームカーに乗り大会を去っていった。続く2級、3級山岳をダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ)が先頭通過、山岳賞3位に上昇、中間スプリントポイントはアレクシー・ルツェンコ(アスタナ プロチーム)が先頭通過している。

トニー・ガロパン(アージェードゥゼール ラ モンディアル)、ニバリ、アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム)、リゴベルト・ウラン、マイケル・ウッズ(共にEFエデュケーションファースト)、サイモン・イェーツ(ミッチェルトン・スコット)ら強力な22人の先頭グループで、今大会最高標高のイズラン峠へと突入、2分弱遅れてチーム イネオスが牽引するメイン集団も登坂を開始。

最初にエンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ)とナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム)がメイン集団から遅れ、山頂まで6km地点でゲラント・トーマス(チーム イネオス)がペースアップをはかるとロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル)がついていけなくなった。さらにステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ)がアタックで抜け出すと、マイヨ・ジョーヌ着用のジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ)がちぎれた。

山頂まで5km地点でエガン・ベルナル(チーム イネオス)がシッティングのまま速度を上げ、先頭グループをごぼう抜き、ニバリ、ウラン、イェーツだけがついていく。15秒遅れてトーマス、クライスヴァイク、ローレンス・デプルス(チーム ユンボ・ヴィスマ)、エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ)のグループが、さらに20秒後方にアフラフィリップ、アンドレイ・アマドール(モヴィスター チーム)、ギヨーム・マルタン(ワンティ・ゴペールサイクリングチーム)が追いかける。

ベルナルはさらにハイペースで上り続け先頭を走るワレン・バルギル(チーム アルケア・サムシック)を追い抜きアラフィリップとのタイム差を詰め、ヴァーチャルで総合首位へと躍り出た。イズラン峠山頂をアラフィリップに対し1分56秒のアドバンテージを持って先頭通過、26.5kmの長い下りでイェーツが追いつくと2人ハイペースで滑り降りる。

レース中に発生した嵐による土砂崩れと雹の影響で、この先のコースが通行不可能になったニュースが9kmほど下ったところで伝えられ第19ステージは中断された。イズラン山頂のタイムが総合に反映されることとなり、ベルナルがアラフィリップに対し48秒上回りマイヨ・ジョーヌを獲得。ステージ優勝者と敢闘賞はなしとなった。

「正直なところ何が起こったのかわからなかった。途中でレースを辞めたくなかった、監督が総合首位だと教えてくれた、信じられない。明日はフルガスで挑み、パリを目指す」(ベルナル、マイヨ・ジョーヌ獲得後インタビュー)

第19ステージ結果
なし

 

個人総合順位
1 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)in 78h 00′ 42”
2 ジュリアン・アラフィリップ(ドゥクーニンク・クイックステップ/フランス)+ 00h 00′ 48”
3 ゲラント・トーマス(チーム イネオス/イギリス)+ 00h 01′ 16”
4 ステフェン・クライスヴァイク(チーム ユンボ・ヴィスマ/オランダ)+ 00h 01′ 28”
5 エマヌエル・ブッフマン(ボーラ・ハンスグローエ/ドイツ)+ 00h 01′ 55”
6 ミケル・ランダ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 04′ 35”
7 リゴベルト・ウラン(EFエデュケーションファースト/コロンビア)+ 00h 05′ 14”
8 ナイロ・キンタナ(モヴィスター チーム/コロンビア)+ 00h 05′ 17”
9 アレハンドロ・バルベルデ(モヴィスター チーム/スペイン)+ 00h 06′ 25”
10 リッチー・ポート(トレック・セガフレード/オーストラリア)+ 00h 06′ 28”

 

ポイント賞
1 ペーター・サガン(ボーラ・ハンスグローエ/スロバキア)309 pts
2 エリア・ヴィヴィアーニ(ドゥクーニンク・クイックステップ/イタリア)224 pts
3 ソンニ・コロブレッリ(バーレーン・メリダ/イタリア)203 pts

 

山岳賞
1 ロメン・バルデ(アージェードゥゼール ラ モンディアル/フランス)86 pts
2 ティム・ウェレンス(ロット・スーダル/ベルギー)74 pts
3 ダミアーノ・カルーゾ(バーレーン・メリダ/イタリア)67 pts

 

新人賞
1 エガン・ベルナル(チーム イネオス/コロンビア)in 78h 00′ 42”
2 ダヴィ・ゴデュ(グルパマ・エフデジ/フランス)+ 00h 20′ 45”
3 エンリク・マス(ドゥクーニンク・クイックステップ/スペイン)+ 00h 52′ 53”

 

チーム総合順位
1 モヴィスター チーム(スペイン)in 234h 09′ 23”
2 トレック・セガフレード(アメリカ)+ 00h 28′ 45”
3 チーム イネオス(イギリス)+ 00h 57′ 42”

 

敢闘賞
なし

第19ステージのリタイア

51 ティボー・ピノ(グルパマ・エフデジ/フランス)

タイトルとURLをコピーしました