【楽天好き】堀内謙伍はポテンシャルの塊

野球

シーズン折返しで、早くも昨年の一軍での出場数を超えた。高卒3年目だった昨季は、最下位が低迷していた9月以降に11試合だったのが、今季は上位をキープしているチーム状況の下、6月だけで12試合。

腰の炎症で戦線離脱している嶋基宏の代わりに得たチャンスとはいえ、堀内謙伍はルーキーの太田光(2人とも今は同じ22歳。学年は堀内が1つ下)と切磋琢磨しながら、チームの「扇の要」として奮闘している。

県立静岡高校出身。2015年にドラフト4位で指名され、2016年に楽天に入団した。

今年でプロ4年目の堀内は、いつ話しても元気いっぱいに謙虚な様子で「若いっすから」「まだまだっす」とよく言うが、歩んできた道のりは、ポテンシャルの塊のようなマイルストーンだ。

高校から捕手に転向したにもかかわらず、1年秋にはレギュラーに。2年生の夏からはチームを率いて甲子園での全国大会に3季連続(夏・春・夏)で出場を果たし、「強肩強打の4番捕手」として名を馳せたことも。

世界大会へは、WBSC U-18、U-23のベースボールワールドカップに出場(ともに準優勝)し、いわば世代ナンバーワン捕手として耳目を集める。

J SPORTS 番組情報

  • 2019レギュラーシーズン全主催試合を生中継!

◆正直さと謙虚さ、変わらない初々しさ

昨秋のU-23では、3-3で迎えた8回に3ランホームランを放ち、侍ジャパンを決勝の舞台へと導いた。あまりに印象深かったので、ここぞの集中力について聞いたことがある。すると、こんな答えが返ってきた。

「どうなんすかねえ? 確かにランナーが得点圏にいた時のほうが集中できるみたいですけど…」。

「でも、U-23では打った印象が強いみたいですが、ぼく、打率1割台でしたし。打点はチーム1位だったすけど、チャンスしか打ってない?!」と照れ笑いするのだ。

正直さと謙虚さ。変わらない初々しさがあるからか、地元のチームメイトや友人と会っても、いまだに「全然プロ野球選手っぽさがない」とみんなからいじられるのだそう。

けれども、そうした姿勢こそが堀内のポテンシャルと成長の秘訣なのかもしれない。二軍のキャンプ地でよく焼けて、一回り大きくなったように感じた印象を明かした時のこと。

「ほんとっすか? 実は今まであんまウェイトトレーニングしてなかったんですけど、オフの間にやったら、すぐ(筋肉が)ついたっす」。

「でも、体重自体は3キロぐらい絞れてるんですよ。ちゃんと鍛えておかないと故障するかもしれないと思って、がんばりました。上半身はだいぶ変わったかも」。

取り組んでいることも成果もプロ野球選手らしいのに、その話しぶりは控えめで、たしかにプロ野球選手っぽくなかった。

野球
安心で優良なカジノ紹介サイト
タイトルとURLをコピーしました