大谷翔平、バースデーホームラン!

野球

現地5日、敵地でア・リーグ西地区首位を独走する難敵アストロズと対戦したエンジェルスは、先発した名投手バーランダーを攻略し、大谷翔平のバースデー弾を含む4本のホームラン攻勢により5-4で勝利を収めた。

◆試合結果
LAA|0 0 3 0 0 1 0 1 0|5
HOU|0 1 0 1 0 0 0 2 0|4

J SPORTS 番組情報

  • 7月9日(火)午前8:45~午後0:00 前半戦を盛り上げたスラッガーの夢の競演、 オールスターゲームの前夜祭!ホームランダービーを中継。

  • メジャーリーグ情報を1週間分まとめてお届けする新番組がスタート。見逃したあの試合、日本人の活躍状況、注目の選手etc…1週間分のMLB情報をイッキに網羅できる!毎週金曜日 午後10時~ J SPORTS 1

大谷の本塁打とエンジェルスの勝利について、『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者は、同日付で投稿した試合の速報記事で、次のように伝えている。

「今年、エンジェルスがポストシーズンを描けるところまで戻って来られるとしたら、今季を前進させる上で、その大半はこのアストロズ戦での彼らの戦い方ができるかどうかということになってくるだろう。

スケジュールの巡り合わせにより、金曜に地区首位のアストロズと今季わずか3度目の試合をプレーしたエンジェルスは、ミニットメイド・パークでのシリーズ初戦を迎えた。

そして、コール・カルフーン、ショウヘイ・オオタニ、アンドレルトン・シモンズ、そしてマイク・トラウトのホームランを原動力に、5-4で待望の勝利を手にした」。

これらホームランのうち3本は、2017年のアストロズ入団以降、エンジェルスに対し、9試合に先発し7勝1敗、防御率1.78としてこの試合に臨んだジャスティン・バーランダーから打ったものだった。

「私はバーランダーを長年、この目で見てきた」と、バーランダーが所属していたデトロイトで、2014年から17年にかけて指揮を執ったブラッド・オースマス監督は述べた。

「彼からそんなに得点できないことは分かっているので、彼から4点を捻出できたのは良かった。あれで、後はとにかく我々の投手が踏ん張ってくれればという形になり、それをすることができた」。

野球
安心で優良なカジノ紹介サイト
タイトルとURLをコピーしました